与那原線を辿る旅 おまけ ケイビン焼き

DSC05256.JPG
与那原線を辿る旅、いかがだったでしょうか
今回与那原から駅跡を探しながら古波蔵駅まで4時間くらいかけて撮影しながら移動しました(那覇駅のみ別日撮り)
10キロ弱の路線なので、非常に短い距離でありながら、与那原町→南城市→南風原町→那覇市と二市二町を辿っています
資料らしい資料も無く、ざっくりとした路線図と駅跡の写真を元になんとか完走?した感じです
これは、私も同行者も愛犬もみんな疲れましたw

クタクタになり与那原線の旅を終えたあとで、私は非常に素晴らしい資料を手に入れます
路線図もしっかりと載っている本です。この本があればどれだけスムーズだったかつД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚
その本を片手に、糸満線、嘉手納線の散策にも出かけていますので、また次の機会に紹介したいと思います
次回の鉄道の旅も是非おつきあい下さい

最後の紹介するのはこの「ケイビン焼き」
与那原で作っているお菓子




軽便鉄道与那原線を辿る旅9 那覇駅(那覇市)【最終回】

DSC03769.jpg
この写真は、那覇駅跡に建てられた説明板を撮影したもの
確かに、沖縄にも鉄道があったのだと実感出来る一枚
DSC03721.jpg
現在は那覇バスターミナルになっている
(那覇バスターミナルについては以前ブログで紹介しているので、よかったらこちらもお読み下さい。那覇バスターミナル
地図をもとに写真と同じ様な向きで撮ってみれば良かったのだが、撮影する時には全く気付かなかった(;´Д`)
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅8 壺川東公園(那覇市)

DSC04924.jpg
国道329号線から一本中に入った路地に壺川東公園がある
ここにレールと電車がある
説明板によると、このレールが敷かれている場所は実際に線路が走っていたあたりとの事だ
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅7 古波蔵駅(那覇市)

DSC_7279.jpg
真玉橋駅から続く汽車道跡
国道507号線古波蔵通りから一本中に入ったら真っ直ぐに続く300m程の道
住宅街の中にこんなに真っ直ぐな道がある事に驚かされた
現在は古波蔵のA&Wやガソリンスタンドが並ぶ辺りの裏道
出入り口はかなり細いので注意
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅5 一日橋駅・国場駅(那覇市)

DSC04897.jpg
与那原駅からスタートした軽便鉄道の旅
与那原町→南城市→南風原町と辿って那覇市に
一日橋駅は、上間交差点のあたりにあったようだ
写真には道路が写っていないのだが、右側に那覇東バイパスが走っており真っ直ぐ進むと首里向け
右が与那原方面、左が国場方面となる
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅4 軽便橋(南風原町)

DSC04876.jpg
今回の旅の資料として使わせて頂いた与那原町のガイドブックに
南風原駅裏軽便橋との表意と写真があった
どうやら南風原駅跡のすぐ裏あたりにあるようなので早速探したがなかなか見つけにくい場所にあった

 




軽便鉄道与那原線を辿る旅3 宮平駅・南風原駅(南風原町)

DSC04867.jpg
左奥で見切れてるのは南風原ジャスコ
ここは、南風原町宮平「宮平駅」は右側のエリアになる
目の前の道路は国道329号線
左側の丸大の方へと路線は続き、329号線とやや平行に路線が続いていた
汽車道跡がはっきりとわからず、今回撮影していないが、次回是非見に行ってみたい場所
DSC04890.jpg
現在、近代美術ビル(右側)と駐車場になっているこのあたりが「南風原駅」だったという
ここから、軽便鉄道は国場川沿いを暫く進んで行く事になる

第4回は軽便橋です

ランキングもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅2 大里駅(南城市)

DSC04817.jpg
大里駅は、現在JAのガソリンスタンド(左の壁部分)のあたりだという
DSC04819.jpg
大里駅から真っ直ぐに続く道
ここがかつて路線があった汽車道跡
サトウキビ畑の中をどこまでも続いて行くように思える
与那原線の中でかつての面影を最も残す場所だと言われている
田舎の風景といった感じ
県道77号線から中に入った場所にある200m程区間
路線は大里からは南風原町へと続く

第3回は宮平駅です

ランキングもよろしくお願いします

人気ブログランキングへ
 




軽便鉄道与那原線を辿る旅1 与那原駅(与那原町)

DSC04795.jpg
軽便鉄道与那原線を巡る旅の第1回は与那原駅
出来た当初は木造だった駅だが、昭和の初め鉄筋コンクリートで建て替えられた
沖縄戦で砲弾にさらされ破壊された
戦後、沖縄での鉄道復興はなされなかったが、与那原駅の駅舎跡はこの場所に建てられたJA与那原の一部として利用された




【連載企画】沖縄の鉄道開通100周年企画 軽便鉄道与那原線を辿る旅【プロローグ】

DSC04798.jpg
沖縄には戦前鉄道が走っていた
うん、知らんかった。名前は知っていたが、詳しい路線も全く知らなかった。
切っ掛けは、与那原町の観光パンフレットだった
与那原には私が車を購入した車屋さんがあり、点検などに定期的に出かける
与那原は用事がない限り行く場所ではないので、この機会にちょっと史跡でも探しましょう、とパンフレットを見てみた
そこで、軽便鉄道の路線図が載っていたのでコレ見てみよう、という軽いノリだった
調べた所、与那原駅の駅舎が今年4月に復元されていた
全くの偶然、思いつきではじめる事にしたのに今年が開通100周年とは何かの縁
謎の高揚感を胸に軽便鉄道与那原線の旅を開始

軽便鉄道とは…
沖縄で1914年(大正3年)12月に那覇〜与那原間が開通した沖縄県営の鉄道
本土で走っている汽車よりも一回り小さいサイズ
路線は他に那覇〜糸満 那覇〜嘉手納の計3つ
今回取り上げる与那原線は最も短い9.4km
鉄道の導入で人や物資の大量輸送が出来るようになり町の発展に大きく貢献したとう
沖縄戦で破壊され、戦後復興される事は無く廃線となった鉄道だ

この企画では、かつて駅があった場所を辿りながらむかし鉄道が走っていた場所をドライブしながら紹介していく

今回の企画で参考にしたのは、「与那原町観光ガイドBOOK」
与那原町のホームページから閲覧可能です
 




<< | 2/2PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

阪神のニュース

powered by プロ野球Freak

更新情報をお知らせ

ランキング登録してます。よろしくお願いします。

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


©ari