田頭のシーサー(豊見城市)

DSC09544.jpg
かなり分かりにくい場所にあるシーサー
おなじみの緑の杭は豊見城市の文化財を示すもの
その側に説明板も設置されている
一応、道路沿いにあるのだが、大通りからだいぶ中に入った道なので探すのは結構骨が折れる
 
DSC09538.jpg
田頭には2体のシーサーが設置されているが、こちらは集落の西側にあり、西方向からやてくる災厄から集落を守っている
このシーサーには逸話がある
それは、昭和20年6月中旬、瀬長島方面からアメリカ軍が侵攻して来た時
シーサーの後方にある森に住民が身を隠していたものの、戦車がそちらへと進路を向けようとしてきた
しかし、シーサーに戦車の車体が乗り上げ立ち往生
何度か踏み越えようとしたものの、その度にシーサーに阻まれ結局は戦車は向きを変えたという
シーサーは本当に守り神だったわけだ

さて、ここからさらに集落の中に行くと、もう一体のシーサーに会う事が出来る
DSC09537.jpg
こちらのしーさーは完全に私有地にあるんじゃないかと思ってしまうが、文化財という事で気にせず撮影
東のシーサーだ
西のシーサーと剥いている方角が違う

DSC09536.jpg
こちらは、与根にある数珠森に向けられているそうだ
数珠森は与根の拝所がある神聖な森である

伝承によると200〜300年前に作られた物らしい

数百年集落を守り続けているシーサー
かなり見つけにくい場所だが、近くを通る時は探してみてはいかがだろうか
豊見城のメイクマン裏手から瀬名が向けの道路添いに西シーサーがある
一本手前の集落へ続く道を奥へと進めば東のシーサー
目印は豊見城市の文化財を示す緑の杭だ!

 




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

阪神のニュース

powered by プロ野球Freak

更新情報をお知らせ

ランキング登録してます。よろしくお願いします。

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


©ari