瀬長島の工事すすむ

DSC08315.JPG
那覇空港からほど近い瀬長島
離着陸する飛行機が間近で見られるので撮影スポットとしても賑わっている
瀬長島は小高い山全域が瀬長グスクである13世紀頃のグスクとも言われている
戦前は石垣なども残っていたという話もあるようだが現在はその面影を見る事は出来ない
米軍の集中砲火を浴び島の形状も変わったという

現在は温泉ホテルがオープンした事で島の様子も一変した
ビーチも整備され夕日を眺めるのにとても素敵なスポットとなっている

そして、今また山を激しく削って展望施設などの公園整備を行っているようだ
展望台が出来るのは好ましいと思っていたが、いざ重機が山を削っている姿を見るとなんとも言えない気分になる

グスクの調査は平成17〜18年に豊見城市教育員会の手より実施されている
(ネット上に調査報告書もアップされている)
その際、中国や日本の陶磁器、瓦、金属製品などが出土している
他に貝や魚、動物の骨なども見つかっており当時の食生活を知る資料となったようだ
学術的な調査は終わっているようだが、何かもっと出てこないのかなー、などと工事の様子を眺めながら考える

瀬長島はこれからますます人気の観光スポットになるだろう
しかし、今でも地元の人たちはこの場所を聖域として祈りを捧げ続けている
実際に何度かその姿を見た事がある
レジャースポットとなってはいるが、聖なる場所である事も忘れたくはないものだ




 




コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>

阪神のニュース

powered by プロ野球Freak

更新情報をお知らせ

ランキング登録してます。よろしくお願いします。

お問い合わせ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM


©ari